KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

ホーム  >  製品詳細
もどる

iDimerize Reverse Inducible Expression System

タカラバイオ㈱ / Clontech Laboratories

レポート 0公式研究文書での引用数
現在のサプライヤー :

0人がお気に入に登録しています

概要

iDimerize Inducible Expression Systemは、細胞膜透過性の低分子化合物 A/C Heterodimerizer の添加により目的遺伝子の誘導発現を行うことができるARGENT技術*を利用したシステムである。
* ARGENT技術は、米国ARIAD Pharmaceuticals, Inc.が所有する、目的タンパク質間の相互作用をコントロールするための技術である。すでに2000以上の研究機関で使用され、400報を超える論文が発表されている。

特長

○ARGENT技術を利用した便利な発現誘導システム
○有償ライセンスの取得は不要
<ヘテロダイマー化と転写活性の獲得>
システムに含まれるpHetベクター*からは、DmrCドメインが融合した転写因子活性化ドメイン(DmrC-AD)と、3つのタンデムなDmrAドメインが融合したDNA結合ドメイン(DmrA-DBD)が発現される。DmrC-ADとDmrA-DBDにはそれぞれ核移行シグナルが含まれるため、これらのタンパク質は核内に移行する。リガンドA/C Heterodimerizerには、DmrC結合部位とDmrA結合部位が存在するため、A/C Heterodimerizerの添加によりDmrC-ADとDmrA-DBDがヘテロダイマー化した活性型転写因子となり、pZFHD1-1ベクター上の転写因子結合部位(PZI-1)を上流にもつ目的遺伝子が発現される。
* システムはpHet-Act1-1ベクターとpHet-Act2-1ベクターを含む。pHet-Act2-1のADにはHSF1 ADが付加されているため、より強力な転写活性を示す。
<目的遺伝子の誘導発現>
pZFHD1-1ベクターは、PZI-1プロモーター下で目的遺伝子の誘導発現を行うベクターである。PZI-1プロモーターは、12個連続のZFHD1結合配列と最小IL-2プロモーターから構成されている。A/C Heterodimerizer 存在下でヘテロダイマーの活性型転写因子が形成されると、ZFHD1結合配列に結合し、その下流にクローニングされた目的遺伝子が発現される。
pZFHD1-1ベクターと、pHet-Act1-1またはpHet-Act2-1ベクターの二重安定発現株を取得することで、A/C Heterodimerizer量依存的に目的遺伝子の発現量をコントロールできる誘導発現システムを構築することができる。
<内容>
iDimerize Inducible Expression System(製品コード 635065)
・pZFHD1-1 Vector
・pHet-Act1-1 Vector
・pHet-Act2-1 Vector
・Linear Hygromycin Marker(製品コード 631625)
・Linear Puromycin Marker (製品コード 631626)
・A/C Heterodimerizer(製品コード 635057)
<保存>
-20℃
更新日:2017-04-18

スペック表

Cat. No. 635065
Unit Size 1 Set
Size
保存温度 -20℃
輸送温度 -20℃
Price(JPY) 188,500

©2013 KEYSTONE, co. ltd.プライバシーポリシー

page top