KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

ホーム  >  製品詳細
もどる

p53 Dominant-Negative Vector Set

タカラバイオ㈱ / Clontech Laboratories

レポート 0公式研究文書での引用数
現在のサプライヤー :

0人がお気に入に登録しています

概要

Dominant-Negative Vector Setを用いて、主要なシグナル伝達経路の活性と相互作用を研究することができる。これら5つのベクターセットには、強力な野生型タンパク質を発現するベクターと非機能的なドミナントネガティブ変異体を発現するベクターがそれぞれ含まれており、経路の活性化やノックダウンが可能である。これらのベクターと適切なシス作用性レポーターベクターを同時発現させて完全なアッセイシステムを構築し、シグナル伝達経路の活性化測定やその定量化を行うことができる。

特長

○野生型タンパク質発現ベクターと非機能的なドミナントネガティブ変異体の発現ベクターのセット
○主要な経路を活性化する化合物をスクリーニング
○シス作用性レポーターベクターを組み合わせて、完全なアッセイ系を構築
更新日:2017-04-18

スペック表

Cat. No. 631922
Unit Size 1 Set
Size
保存温度 -20℃
輸送温度 -20℃
Price(JPY) 126,700

©2013 KEYSTONE, co. ltd.プライバシーポリシー

page top