KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

ホーム  >  製品詳細
もどる

pmRi-mCherry Vector

タカラバイオ㈱ / Clontech Laboratories

レポート 0公式研究文書での引用数
現在のサプライヤー :

0人がお気に入に登録しています

概要

Mir-X Inducible miRNA System(GreenまたはRed)は、目的のmiRNA配列と蛍光タンパク質レポーター(mCherryまたはZsGreen1)を同時に1本のmRNAとして発現する。また、調節性に優れたTet-On Advanced Expression Systemを採用することで、厳密な転写調節を行える。
<原理>
目的のmiRNA配列は、miRNA Inducibleベクター(pmRi-mCherry VectorまたはpmRi-ZsGreen1 Vector)上にコードされた蛍光タンパク質遺伝子の下流の3’UTR領域にクローニングされる。Tet-On Advanced調節因子を発現する細胞に、miRNA Inducibleベクターをトランスフェクションすると、培地中に添加したDoxの濃度に応じて目的のmiRNAと蛍光タンパク質が発現する。Doxの培地への添加による転写の誘導は素早く、濃度依存的に調節が行える。
miR-1とmiR-9のターゲット配列を分泌性のルシフェラーゼ遺伝子に融合し(RNAi Monitor)、MCF7 Tet-On Advanced Cell中で構成的に発現させ、miRNAの発現誘導をモニターした。DoxによるmiR-1またはmiR-9の誘導で、ルシフェラーゼ活性(補正後)が、コントロール細胞に比較して90%以上抑制されていた。
<赤色または緑色蛍光による検出>
Mir-X Inducible miRNAシステムは、DoxによるmiRNA発現調節ベクターのほか、薬剤選択マーカーDNA、専用の血清(FBS)、コントロールベクターと必要になるすべてを含んでいる。また、システムを構成する誘導性のベクターpmRi-mCherry vectorまたはpmRi-ZsGreen1 vectorは単品でも販売しており、クロンテックのTet-On/Off発現調節システムと併せて使用できる。
<アプリケーション>
ドキシサイクリンによるmiRNAの発現調節システム

特長

○Tet-On AdvancedによるmiRNA誘導システム
○miRNAの発現を蛍光タンパク質でモニタリング
○高い誘導発現量と低い基底発現レベル
<内容>
pmRi-mCherry Vector、またはpmRi-ZsGreen1 Vector
(製品コード 631119、または631121)
○pmRi-mCherry Vector、またはpmRi-ZsGreen1 Vector
○pTRE-Tight-Luc Vector
○Linear Hygromycin Marker
○Linear Puromycin Marker
<保存>
-20℃
更新日:2017-04-18

スペック表

Cat. No. 631119
Unit Size 20 μg
Size
保存温度 -20℃
輸送温度 -20℃
Price(JPY) 89,600

©2013 KEYSTONE, co. ltd.プライバシーポリシー

page top