KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

ホーム  >  製品詳細
もどる

Label IT Plasmid Delivery Control, Fluorescein

タカラバイオ㈱ / Mirus Bio

レポート 0公式研究文書での引用数
現在のサプライヤー :

0人がお気に入に登録しています

概要

LabelIT Plasmid Delivery Control は、Cy3またはFluorescein標識DNA(2.7 kbpの二本鎖環状プラスミド)である。本製品を導入することにより、in vitroまたはin vivoでの細胞内での局在化を可視的にモニターすることが可能であり、プラスミドDNAの導入効率が確認できる。 また、本製品と目的プラスミドとCo-trasnfectionすることも可能である。
本製品の標準的な使用量は、TransIT LT-1を用いたin vitroでのトランスフェクションでは、24-well plateの場合は1 wellあたり0.5 μg、6-well plateの場合は1 wellあたり2 μgである。また、TransIT In Vivo Delivery Systemを用いた場合の1回あたりのマウスへの注射量は10-25 μgである。

特長

Label ITはMirus Bio社の、CyはGE Healthcare社の登録商標です。
更新日:2017-04-18

スペック表

Cat. No. MIR7906
Unit Size 10 μg
Size
保存温度 -20℃
輸送温度 -20℃
Price(JPY) 22,000

©2013 KEYSTONE, co. ltd.プライバシーポリシー

page top