KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

ホーム  >  製品詳細
もどる

Ingenio Electroporation Kit with 0.2 cm cuvettes

タカラバイオ㈱ / Mirus Bio

レポート 0公式研究文書での引用数
現在のサプライヤー :

0人がお気に入に登録しています

概要

Ingenio Electroporation Kitは、核酸導入が困難な哺乳動物細胞、特にプライマリー細胞に対して、低コストでありながらも高い核酸導入効率と低毒性を実現する独自のエレクトロポレーション用試薬、キュベット、Cell Dropersで構成されるキットである。Bio-Rad社(Gene Pulser Xcell Electroporator), Lonza社(amaxa Nucleofector Device), BTX社, Eppendolf社などが販売するキュベット式エレクトロポレーション装置に適合するので専用装置を新規導入する必要がない。Ingenio Kitのランニングコストは、amaxa Nucleofectorデバイス専用試薬キット(25回分)と比較した場合、25回用キット(MIR50112)では33%OFF相当*、50回用キット(MIR50115)では47%OFF相当*、100回用キット(MIR50118)では51%OFF相当*の低ランニングコストとなり、圧倒的なコストパフォーマンスを示す。Ingenio 0.2 cmキュベットはamaxa Nucleofectorデバイスに適合し、Ingenio 0.4 cmキュベットはBio-Rad Gene Pulser Xcell Electroporatorに適合する。
* amaxa専用試薬キット25回用(2015年2月23日時点での当社調査価格¥60,000)とのコスト比較算出値

特長

○遺伝子導入困難な細胞への高効率なエレクトロポレーションを実現
○キュベット式エレクトロポレーター装置のほとんどに適合
○低コストで高い導入効率
○高い細胞生存率
<保存>
Ingenio Solution:4℃
Ingenio Cuvettes:室温
Ingenio Cell Dropers:室温
※キットの輸送温度は4℃です。
IngenioはMirus Bio社のトレードマークです。
Gene Pulser Xcell はBio-Rad社のトレードマークです。
Amaxa, NucleofectorはLonza社又はその系列会社の登録商標です。
更新日:2017-04-18

スペック表

Cat. No. MIR50115
Unit Size 50回用
Size
保存温度 室温, 4℃
輸送温度 室温, 4℃
Price(JPY) 64,000

©2013 KEYSTONE, co. ltd.プライバシーポリシー

page top