KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

ホーム  >  製品詳細
もどる

RetroNectin (Recombinant Human Fibronectin Fragment)

タカラバイオ㈱ / TAKARA BIO

レポート 0公式研究文書での引用数
現在のサプライヤー :

0人がお気に入に登録しています

概要

RetroNectin(リコンビナントヒトフィブロネクチンCH-296)1)は、ヒトフィブロネクチンの細胞接着ドメイン(C-domain)、ヘパリン結合ドメイン(H-domain)およびCS-1部位の3種類の機能性ドメインを含む組換えタンパク質である。
RetroNectinはインテグリンVLA-4、VLA-5を発現している哺乳類細胞に対してレトロウイルスベクター*1を介した遺伝子導入を行う際に有用である。VLA-4を発現している細胞はCS-1部位と、またVLA-5を発現している細胞は細胞接着ドメイン(RGDS 配列)と接着し、一方、ウイルスベクターはヘパリン結合ドメイン(Type III repeat, 12, 13, 14)に結合することによってRetroNectin上に共配置される。これにより、局所的に両者の濃度が高められ、遺伝子導入が促進されると考えられる。
*1 レンチウイルスベクターを介した遺伝子導入を行う際にも有用です。
標的細胞には(1)Supernatant感染法、または(2)RBV法(RetroNectin-bound virus感染法)により遺伝子を導入する。
(1)Supernatant感染法
細胞とウイルスを混合してRetroNectinコートプレート上で感染させる方法である。簡便に短時間でRetroNectinを用いたウイルスベクターによる遺伝子導入を行うことができる。
(2)RBV法(改良法)
組換えレトロウイルスを先にRetroNectinコートプレートに吸着させ、感染阻害物質を含むレトロウイルス液を除いた後に細胞を加える方法である。RBV法はレトロウイルスベクターを介した遺伝子導入を行う際に、プロデューサー細胞から分泌されるプロテオグリカンやレトロウイルス包膜タンパク質などの物質が存在すると導入効率に影響を与えるため、組換えレトロウイルスを感染させる時にはこれらの阻害物質を除いておくことが重要であることから改良された方法である。Supernatant感染法で十分な遺伝子導入効率が得られない場合、RBV法を用いることを推奨する。特に、高濃度にウイルス液を使用する場合、より高い効果を発揮する。
さらに、RetroNectinはTリンパ球の培養を増強する効果も有する。
T細胞の拡大培養は、通常、抗CD3抗体刺激によりインターロイキン-2(IL-2)の存在下で行う。このときRetroNectinを共存させることで拡大培養効率が格段に増大する(実験例参照)。また、得られたT細胞集団中には未分化な細胞であるナイーブT細胞が多く含まれる。ナイーブT細胞は、抗原提示を受け細胞傷害性T細胞に分化する能力をもつ。
培養バッグを用いたラージスケールのウイルス感染方法(RBV-LTS法)の詳細はこちら。

特長

<保存>
-20℃
<起源>
E. coli expressing human fibronectin fragment CH-296
<形状>
溶液品(ろ過滅菌処理済)
[12.5 mMクエン酸ナトリウム(pH6.2)、1.25%ショ糖(Sucrose)]
<濃度>
1 μg/μl
<分子量>
62,613 (アミノ酸配列より)
<純度>
HPLCにて純度90%以上。
<使用上の注意>
1.本製品の凍結融解は10回程度まで可能である。
2.本製品の撹拌はゆるやかに行ってください。ボルテックスによる撹拌は避けてください。
<プレートへのコーティング>
RetroNectinは、20~100 μg/mlの濃度で4~20 μg/cm²となるようプレートにコーティングする。直径3.5 cmのディッシュ(10 cm2)の場合には1 wellあたり2 mlのRetroNectinの希釈溶液(20~100 μg/ml)を加えればよい。よって、1バイアル(0.5 mg protein)で2~12ディッシュ分をコートすることができる。
プロトコルの詳細はこちら
更新日:2017-04-18

スペック表

Cat. No. T100A
Unit Size 0.5 mg(0.5 ml)
Size
保存温度 -20℃
輸送温度 -20℃
Price(JPY) 28,000

©2013 KEYSTONE, co. ltd.プライバシーポリシー

page top