KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

ホーム  >  製品詳細
もどる

Human iPS Cell Generation Episomal Vector Mix

タカラバイオ㈱ / TAKARA BIO

レポート 0公式研究文書での引用数
現在のサプライヤー :

0人がお気に入に登録しています

概要

本製品は、核初期化因子(OCT3/4、KLF4、SOX2、L-MYC、LIN28)とp53機能阻害因子(mouse p53DD:ドミナントネガティブ変異を導入したマウスp53)、エピソームの複製にかかわるEpstein-Barr Virus(EBV)由来のEBNA-1をコードする核酸とOriPなどを搭載した複数のエピソーマルベクターの混合物である。染色体外で安定的に自立複製し、かつ短時間で速やかに細胞から脱落する早期自己消失型ベクターであり、従来のレトロウイルスベクターやレンチウイルスベクターを用いたiPS細胞誘導における染色体への挿入リスクや、ウイルスベクター使用による作業者に対する安全性の問題を克服している。
本製品をヒト末梢血単核球やヒト線維芽細胞に遺伝子導入することにより、高効率にヒトiPS細胞を誘導することが出来る。

特長

○核初期化因子とp53機能阻害因子を発現するヒトiPS細胞誘導用エピソーマルベクター
○染色体への挿入リスクを回避した早期自己消失型ベクター
○ヒト末梢血単核球やヒト線維芽細胞などに遺伝子導入することで、高効率にiPS細胞を誘導
更新日:2017-04-18

スペック表

Cat. No. 3673
Unit Size
Size 105 μl
Storage Temperature -20℃
Transport Temperature -20℃
Price(JPY) 100,000

©2013 KEYSTONE, co. ltd.プライバシーポリシー

page top