KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

ホーム  >  製品詳細
もどる

DNA自動分離装置シリーズ PI-480

倉敷紡績㈱ / KURABO INDUSTRIES

レポート 0公式研究文書での引用数
現在のサプライヤー :

0人がお気に入に登録しています

概要

プラスミド・動物組織、多量血液DNA分離精製まで
多彩な製品群をご用意しています
遺伝子操作の基本技術である大腸菌からのプラスミド分離精製をはじめ、マウステールや血液、植物からのゲノムDNA分離精製を簡単に行うシリーズ装置で、低ランニングコストを実現しています。遠心機搭載で大腸菌の集菌から、またPI-480のヒーター増設モデルでは、マウステールの酵素処理から自動運転が可能です。
NA-480は、多量血液DNA分離精製に対応したタイプです。
PI-1200は、最大384検体に対応しています。

特長

<特長>
○シリーズとして、プラスミド、動物組織DNA、植物DNA、多量血液DNAに対応
○豊富なプロトコールとアプリケーション
○低ランニングコストを実現
○オリジナルのパラメータの設定が可能
更新日:2016-07-04

スペック表

Cat. No. PI-480
Unit Size
Size W720×D670×H1535mm
モデル GENE PREP STAR PI-480
最大試料数 48(8連チューブ×6本、1バッチ処理)
使用容器 5連、6連、8連チューブ
搭載可能プロトコール プラスミド、動物組織、植物Ver.1、植物Ver.2、酵母DNAコンパクトフラッシュカードにて供給 )
主な本体構成 遠心分離ユニット、試薬送液ユニット(標準:6チャンネル)、ロボットユニット、移動テーブルユニット、撹拌ユニット
操作画面 5.7型LCDカラータッチパネル
電源 単相AC100V、50/60Hz、1.0KVA
Weight 240Kg
Price(JPY) 4,980,000(プロトコール1種選択搭載)

©2013 KEYSTONE, co. ltd.プライバシーポリシー

page top