KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

Home  >  Product Detail
Back

psiCHECK™-1 Vector

Promega KK / PROMEGA

Report 0Citations of the official research document
Supplier :

0 users add this to Favorite

Overview

製品説明
psiCHECK™-1およびpsiCHECK™-2 Vectorsは、RNAi実験初期段階における最適化を定量的、迅速に行うためにデザインされています。標的遺伝子と融合されたレポーター遺伝子の発現変化をモニタリングします。両ベクターとも第1レポーター遺伝子としてウミシイタケルシフェラーゼが利用されており、目的の遺伝子はマルチクローニング領域にクローニングします。目的遺伝子に対する合成siRNAまたはin vivoで発現したshRNAによるRNA干渉機構が開始されると、標的遺伝子とつながるウミシイタケルシフェラーゼ遺伝子も切断、分解されます。これにともなうウミシイタケルシフェラーゼ活性の減少を測定することにより、簡便にRNA干渉効果をモニタリングすることができます。GFPやフラッグ-タグなど、その他の融合法によるアプローチと較べ、より便利、迅速に感度の高い定量が行えます。psiCHECK™-1 Vectors は生細胞でRNAi効果をモニタリングに使用することを推奨します。ウミシイタケルシフェラーゼ活性の変化は、細胞内ウミシイタケ発光を持続的にモニタリングできるEnduRen™ Live Cell Substrate (カタログ番号 E6481) で測定することができます。psiCHECK™-2 Vectorは第2のレポーター遺伝子であるホタルルシフェラーゼ遺伝子が組込まれており、細胞溶解によるエンドポイントアッセイが行えます。このルシフェラーゼ遺伝子の導入により、ウミシイタケルシフェラーゼ発現の補正を行うことができ、安定で再現性のある結果が得られます。

Explanation

特長
経済的:汎用されるルミノメーターで定量でき、高価な機器は不要
フォーマットを選択可能:生細胞または細胞溶解による測定プロトコル
迅速:労力と時間を費やすアッセイや表現型の変化を待つ必要がありません
便利:psiCHECK™-2 Vectorを用いれば、トランスフェクションの補正が簡単
※ ベクター購入における注意点:psiCHECK™ Vectorの使用は非営利 組織(大学、公的研究機関など)、営利組織にかかわらず、ライセンスプログラムの内容 (www.promega.co.jp/license/)をご確認頂く必要があります。
Update:2015-08-20

Spec sheet

Cat. No. C8011
Unit Size 20 ug
Size
Price(JPY) 51,000

©2013 KEYSTONE, co. ltd.Privacy Policy

page top