KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

Home  >  Product Detail
Back

Glo Lysis Buffer

Promega KK / PROMEGA

Report 0Citations of the official research document
Supplier :

0 users add this to Favorite

Overview

製品説明
本製品は細胞溶解均質操作が不要なワンステップ方式で、高感度にルシフェラーゼを定量できるシステムです。連続する生物発光測定によるスクリーニングや通常の実験で、迅速に正確なデーターを得るためにデザインされ ています。Bright-Glo™ ReagentはSteady-Glo_ Reagentと同様のパフォーマンスに加え、より優れた感度(約7〜8倍)と異なる発光時間(光の半減期は約30分)を特長とします。そのためCCDカメラによる発光の検出や比較的弱い プロモーターを用いたアッセイ系にも対応が可能となりました。さらにHTS工程に使用される96または384ウェルプレート用に最適化され、培地を除去したり細胞を洗浄する必要がなく、試薬を加えて1〜2分以内に測光操作へ進むことができます。細胞を培養した同じマルチウェルプレートをそのまま測定できます。
また、別売のGlo Lysis bufferでライセートを調製し、一部をBright-Glo™ アッセイに使用する方法も行えます。標準的なルシフェラーゼアッセイで、より高い感度※、利便性をお求めの方にもご利用いただけます。
※プロトコール通り、試薬と同量のライセート(100_l)を用いた場合
(Luciferase Assay Systemの場合、試薬1000_lに対してライセート200_lを使用)。

Explanation

特長
・ホモジニアス:培地を除去したり細胞を洗浄する必要がなく、試薬を加えて測光するだけです(細胞を培養した同じマルチプレートをそのまま測定)。
・優れた感度:他社の細胞溶解均質操作が不要なルシフェラーゼアッセイ試薬よりも最大10倍の発光強度を示すため、感度を増強することができました。
・優れた正確性:混合具合やサンプルの蒸発、ピペッティング誤差の影響を受けにくいため、再現性に優れます。
・便利:試薬の解凍、秤量、温度平衡化の必要がなく、基質とバッファーを混ぜて培養細胞に加えるだけ
・様々な培地に適用:RPMI, DMEM, MEMa, F12・血清・フェノールレッドなど
Update:2015-08-20

Spec sheet

Cat. No. E2661
Unit Size 100 ml
Size
Price(JPY) 11,000

©2013 KEYSTONE, co. ltd.Privacy Policy

page top