KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

Home  >  Product Detail
Back

EpiXplore Methylated DNA Enrichment Kit

TAKARA BIO Inc. / Clontech Laboratories

Report 0Citations of the official research document
Supplier :

0 users add this to Favorite

Overview

EpiXplore Methylated DNA Enrichment KitはMethyl-CpG binding domain protein2(MBD2)と磁気ビーズを利用し、低密度(hypo)および高密度(hyper)にメチル化されたDNAを、全ゲノム中から簡便に濃縮・分画するためのキットである。メチル化DNAサンプルの濃縮によって、シーケンス解析ほか様々な解析でよりクリアな解析結果が得られる(1)。
EpiXplore Methylated DNA Enrichment Kitのメリット
EpiXploreプロトコールは、メチル化DNAとMBDタンパク質間の特異性の高い結合を利用している。
・抗体や免疫沈降(IP)操作は不要
・柔軟な操作手順により異なるメチル化密度を持つDNAを分画可能
従来の免疫沈降による方法(MeDIP:メチル化DNA免疫沈降法、MeCIP:メチル化CpG沈降法)はサンプルのロスを伴う前処理を必要とし、メチル化密度による分画を行うこともできない。
メチル化密度による分画の必要性
最新の知見では、ゲノムDNA中の低または中密度のメチル化DNA領域(CpGアイランドやプロモーターから離れて存在する)が遺伝子の発現調節に関与する可能性が示唆されている(2~4)。メチル化による影響を包括的に理解するためには、まず、メチル化の密度の差異を調べることが最初の重要なステップとなる。メチル化の密度により、3つの画分に分けてDNAを濃縮し溶出を行えるのは、EpiXplore Methylated DNA Enrichment Kitだけである。

Explanation

○MBD2タンパク質と磁気ビーズを利用した簡便な手法
○高い特異性でCpGメチル化DNAを濃縮
○メチル化密度により分画が可能
○95%以上の回収率
<アプリケーション>
○メチル化部位の同定
○メチル化感受性DNAの制限酵素解析
○リアルタイム、エンドポイントPCRアッセイ
○バイサルファイト法配列解析
○ハイスループットシーケンス用ライブラリー調製
○DNAマイクロアレイ用DNA調製
<内容>
EpiXplore Methylated DNA Enrichment Kit
(製品コード 631963、10回用)
Box 1:
・6 ml 4× Binding/Wash Buffer
・1 ml TALON Magnetic Beads
・5 ml Elution Buffer (Low)
・5 ml Elution Buffer (Middle)
・5 ml Elution Buffer (High)
・300 μl Dr. GenTLE Precipitation Carrier
Box 2:
・100 μl MBD2 Protein
・20 μl Labeled Non-Methylated DNA Duplex (1 μM) (Control)
・20 μl Labeled Methylated DNA Duplex (1 μM) (Control)
Magnetic Stand
(製品コード 631964)
・Magnetic Stand(1.5 mlマイクロチューブ2本セット可)
<保存>
Box 1:4℃
Box 2:-20℃
Update:2017-04-18

Spec sheet

Cat. No. 631963
Unit Size 10回
Size
保存温度 4℃, -20℃
輸送温度 4℃, -20℃
Price(JPY) 36,100

©2013 KEYSTONE, co. ltd.Privacy Policy

page top