KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

Home  >  Product Detail
Back

HEK 293 Tet-On 3G Cell Line

TAKARA BIO Inc. / Clontech Laboratories

Report 0Citations of the official research document
Supplier :

0 users add this to Favorite

Overview

Tet-On 3G(第3世代)、Tet-On Advanced(第2世代)およびTet-On(第1世代)Cell Lineは、テトラサイクリン発現誘導システムの、リバーステトラサイクリン制御性トランス活性化因子(rtTA)を安定的に発現する細胞株である。テトラサイクリン応答因子(TRE)promoter制御下で目的遺伝子を発現するベクターをTet-On細胞株に導入するだけで、ドキシサイクリン(Dox)存在下で目的遺伝子の発現を誘導することができる。

Explanation

○高誘導性のTet-On細胞株
○目的遺伝子の発現誘導システムの迅速な構築
○Tetシステム細胞株により、システム構築の時間と労力を削減
<システム構築にかかる時間を大幅短縮>
システムの構築は簡単に行うことができる。まず、TREプロモーター(PTRE3Gなど)の下流に目的遺伝子をクローニングし、その後、このプラスミドをTet-On細胞株(G418-耐性)に導入し、安定発現株の選抜を行う。rtTAを安定的に発現する本細胞株を用いることにより、Tet-Onシステムの構築に要する時間を約2ヵ月間短縮することができる。
<内容>
・Tet-On Cell Line
・Tet-On Luciferase Control Cell Line
・Tet System Approved FBS(製品コード 631105)
<保存>
細胞:液体窒素*
FBS:-20℃
* 到着後、ただちに液体窒素中で保存すること。
液体窒素保存ができない場合は、ただちに細胞を融解し、培養を行うこと。
Update:2017-04-18

Spec sheet

Cat. No. 631182
Unit Size 1 ml
Size
保存温度 -20℃, 液体窒素
輸送温度 -20℃, -80℃以下
Price(JPY) 162,700

©2013 KEYSTONE, co. ltd.Privacy Policy

page top