KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

Home  >  Product Detail
Back

TransIT-2020 Transfection Reagent

TAKARA BIO Inc. / Mirus Bio

Report 0Citations of the official research document
Supplier :

0 users add this to Favorite

Overview

TransIT-2020は、細胞株だけでなく正常初代細胞など広範囲な哺乳動物細胞にプラスミドDNAを高効率で導入するためのトランスフェクション試薬である。トランジェントとステーブルなトランスフェクション実験の両方に適応しており、iPS細胞にも有効である。さらに、初代細胞(HUVEC)に対して高い導入効率と低い細胞毒性を示す。本試薬は動物由来成分フリーのコンポーネントから構成されており、DNAとの混合液は血清含有培地の培養系にも添加できるため、トランスフェクション後の培地交換操作が不要であり、操作性にも優れている。Chemically Defined (CD)の細胞培養系であればトランスフェクション操作から完全なxenogeneic freeな実験系が構築できる。

Explanation

○広範囲な細胞種にDNAを高効率に導入可能
○低細胞毒性で培地交換操作が不要
○動物由来成分フリー
○iPS細胞にも使用可能
<保存>
-20℃
Update:2017-04-18

Spec sheet

Cat. No. MIR5405
Unit Size 1 ml×5
Size
保存温度 -20℃
輸送温度 -20℃
Price(JPY) 300,000

©2013 KEYSTONE, co. ltd.Privacy Policy

page top