KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

Home  >  Product Detail
Back

Mung Bean Nuclease

TAKARA BIO Inc. / TAKARA BIO

Report 0Citations of the official research document
Supplier :

0 users add this to Favorite

Overview

本酵素は一本鎖特異的endonucleaseであり、5’-P末端をもつモノまたはオリゴヌクレオチドを生成する。過剰量(1000倍)の酵素を用いれば、オリゴマーもすべてモノヌクレオチドになる。二本鎖DNAやRNA、あるいはDNA-RNAハイブリッドに対しては、多量の酵素を用いないと分解することはできないが、この場合にはAT richな領域を選択的に分解する。A↓pN、T↓pN siteを好み、特にA↓pN siteは100%分解するが、C↓pC、C↓pG siteは分解が困難である。

Explanation

<保存>
-20℃
<濃度>
10~50 U/μl
<形状>
10 mM Tris-HCl(pH7.⁵⁾
0.1 mM 酢酸亜鉛
50% グリセロール
<添付Buffer組成(10×)>
300 mM CH₃COONa(pH5.0)
1,000 mM NaCl
10 mM (CH₃COO)₂Zn
50% グリセロール
<活性の定義>
熱変性仔牛胸腺DNAを基質として、37℃、pH5.0において、1分間に1 μgの酸可溶性分解物を生成する酵素活性を1 Uとする。
<純度>
30 Uの本酵素と、1 μgのλDNA-Hind III分解物とを37℃、10分間反応させても、DNAの電気泳動パターンに変化は起こらない。
<使用上の注意>
○二本鎖識別能力は塩基配列に依存しており、切断点はA↓pNおよびT(U)↓pNを好む³⁾。特にA↓pAは完全に分解するが、GおよびCの配列はほとんど分解しない。
○S1 Nucleaseと異なり、ニックの反対側の鎖は切れない⁴⁾。
<用途>
○二本鎖DNA末端の平滑化(ただし、平滑化の効率は塩基配列に依存するので注意する)。
○ハイブリダイゼーションのマッピング(S1 mapping)。
特に本酵素はS1 Nucleaseに比べてnibblingが起こりにくく、正確なバンドを与える⁵⁾。
<起源>
Mung bean sprouts
<一般的性質>
○分子量
39,000 糖タンパク質
○サブユニット
25,000と15,000へテロダイマー¹⁾
○至適pH
pH5.0(50 mM酢酸ナトリウム緩衝液、pH8.0ではこのときの0.01%活性)
pH5.0では、0.1 mM Zn²⁺、1 mM cystein、0.005% TritonX-100がないと徐々に失活するが、pH7.0では添加物なしで安定。pHが低いと一本鎖への特異性が弱まる¹⁾。
○補因子
Zn²⁺が必須
○阻害剤¹⁾
EDTAで不可逆的に失活
0.01%SDS(at pH5.0)で完全失活
Update:2017-04-18

Spec sheet

Cat. No. 2420B
Unit Size 10,000 U
Size
保存温度 -20℃
輸送温度 -20℃
Price(JPY) 61,000

©2013 KEYSTONE, co. ltd.Privacy Policy

page top