KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

Home  >  Product Detail
Back

S1 Nuclease

TAKARA BIO Inc. / TAKARA BIO

Report 0Citations of the official research document
Supplier :

0 users add this to Favorite

Overview

本酵素は、一本鎖特異的endonucleaseであり、DNA、RNA共に酸可溶性5’-Pのヌクレオチドに分解する。最終的に90%以上5’-Pモノヌクレオチドに分解する。また二本鎖核酸中の一本鎖部分にも作用し、これを分解する。

Explanation

<保存>
-20℃
<濃度>
100~200 U/μl
<形状>
10 mM 酢酸ナトリウム緩衝液(pH4.6)
150 mM NaCl
0.05 mM ZnSO₄
50% グリセロール
<添付Buffer組成(10×)>
300 mM 酢酸ナトリウム(pH4.6)
2,800 mM NaCl
10 mM ZnSO₄
<活性の定義>
熱変性仔牛胸腺DNAを基質として用い、37℃、pH4.6において、1分間に1 μgの酸可溶性物質を生成する酵素活性を1 Uとする。
<純度>
10 Uの本酵素と、1 μgのpBR322 DNA-Pvu II 分解物とを37℃、10分間反応させても、DNAの電気泳動パターンに変化は起こらない。
<用途>
○DNA-DNAおよびDNA-RNAハイブリッド中の、一本鎖部分の除去
○二本鎖DNAの末端の平滑化
○S1 mapping⁴⁾
<起源>
Aspergillus oryzae
<一般的性質>
○分子量
32,000 糖タンパクでZn²⁺を含む
○至適pH
pH4.5付近(酢酸ナトリウム緩衝液)
○補因子
Zn²⁺が必須
○阻害剤²⁾
EDTA(1~20 mM)
リン酸化合物:リン酸(2 mMで50%阻害)、ピロリン酸(20μMで50%阻害)、dAMP(85μMで50%阻害)、dATP(1μMで50%阻害)
○安定性
0.4 M NaCl、0.6%SDS、0.8 M尿素が存在しても活性に影響はみられない³⁾。
40~50%ホルムアルデヒド存在下でも活性がみられるが、この場合は非存在下のときの10倍量の酵素が必要である。また、熱にも安定で基質が存在すると65~70℃でも活性を示す。
Update:2017-04-18

Spec sheet

Cat. No. 2410A
Unit Size 20,000 U
Size
保存温度 -20℃
輸送温度 -20℃
Price(JPY) 13,500

©2013 KEYSTONE, co. ltd.Privacy Policy

page top