KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

Home  >  Product Detail
Back

Ribonuclease Inhibitor (porcine liver)

TAKARA BIO Inc. / TAKARA BIO

Report 0Citations of the official research document
Supplier :

0 users add this to Favorite

Overview

ブタ肝臓から固定化RNase Aカラムでアフィニティー精製したRNase Inhibitorである。
RNase Aと1:1の複合体を形成し、ribonuclease作用に対し高い非拮抗阻害(Ki=4×10⁻¹º M)を示す。この反応は可逆的であり、尿素あるいはsulfhydryl試薬で複合体を解離させることによりribonuclease作用は復活し、inhibitorは不可逆的に失活する。また、従来の拮抗性阻害剤(ヌクレオチド類、無機リン酸類)とは異なり、タンパク質であるので、反応系からフェノール処理により容易に除くことができる。
なお、RNase H活性は阻害しない。

Explanation

<保存>
-20℃
<濃度>
40 U/μl
<形状>
20 mM HEPES-KOH緩衝液(pH7.5)
50 mM KCl
5 mM DTT
50% グリセロール
<活性の定義>
5 ngのRNase Aの活性を50%阻害する活性を1 Uとする(RNase Aの活性はCyclic2', 3'-CMPから生成する3'-CMPを定量して求める)。
<純度>
300 UのRNase Inhibitorと1 μgのλDNA-Hind III 分解物とを、37℃で1時間反応させても、DNAの電気泳動パターンに変化は起こらない。
300 UのRNase Inhibitorと1 μgのsupercoiled pBR322 DNAとを、37℃で1時間反応させても、DNAの電気泳動パターンに変化は起こらない。
100 UのRNase Inhibitorと1 μgの16S, 23S rRNAとを、37℃で1時間反応させても、RNAの電気泳動パターンに変化は起こらない。
SDS電気泳動により分子量50 kD付近に単一バンドを与える。
<使用上の注意>
阻害活性は広いpH域でみられ、pH7~8で最大となる。
<用途>
○cDNA合成反応(Ribonuclease Inhibitor 0.5 U/μl reaction) ³⁾
○Polysome isolation(Ribonuclease Inhibitor 1,000 U/ml reaction)⁴⁾
○In vitro translation(Ribonuclease Inhibitor 1 U/μl reaction)⁴⁾
○In vitro transcription with cell-free extract
(Ribonuclease Inhibitor 20 U/μl reaction)⁵⁾
○In vitro transcription with SP6 or T7 RNA polymerase
(Ribonuclease Inhibitor 1 U/μl reaction)⁶⁾
<注意>
本製品には反応用バッファーは添付されていない。
<起源>
Porcine liver (製品コード 2311A/B)
<一般的性質>
○分子量
約50,000
○サブユニット
シングルポリペプチド
○至適pH
pH5~8(max. Inhibition at pH7~8)
○活性化剤
還元剤DTT(freeの-SH基の保護のため、形状バッファーには最低1 mMのDTTが必要。長期間保存の場合は5 mM必要)
○阻害剤
sulfhydryl reagents
p-hydroxymercuribenzoate
N-ethylmaleimide
○安定性
活性維持にはfreeのSH基が必要。泡立ち、あるいは強い衝撃(vortex等)により失活することがある。
Update:2017-04-18

Spec sheet

Cat. No. 2311A
Unit Size 5,000 U
Size
保存温度 -20℃
輸送温度 -20℃
Price(JPY) 20,000

©2013 KEYSTONE, co. ltd.Privacy Policy

page top