KEYSTONE THE LAB OF YOUR DREAMS

Home  >  Product Detail
Back

細胞融合遺伝子導入装置 ECM2001

BM Equipment Co.,Ltd. / BTX

Report 0Citations of the official research document
Supplier :

0 users add this to Favorite

Overview

交流波、スクウェアパルス、減衰交流波の出力制御を行える細胞融合・遺伝子導入装置
<構成>
ECM 2001 細胞融合・遺伝子導入装置 本体
BTX630B セーフティスタンド
BTX660 キュベットラック

Explanation

○ 周波数1MHzの交流波で細胞を誘導し融合実験に適したパールチェーンを形成
○ DCパルスとしてコントロール性及び再現性に優れたスクウエアパルスを採用、効率的な融合実験が可能
○ 最終段階でのダメージ回復用の減衰交流波により、細胞の生存率が向上(ポストフュージョン機能)
○ それぞれ上記出力成分ごとに細かい条件設定が可能
○ この一連の出力における繰り返し回数の設定も可能
○ 交流波出力中に細胞を観察しながら任意の操作でスクウエアパルス出力操作が可能なマニュアルスタートモード装備
○ スクエアパルス出力設定のみを利用し、遺伝子導入実験にも対応可能
○ 短絡保護機能付
Update:2019-04-03

Spec sheet

Cat. No. ECM2001
Unit Size 1式
Size W44xD40xH28 cm
交流波設定周波数 1MHz(固定)
交流波設定時間 0~99sec
交流波設定電圧 0~75V(VRMS)
減衰交流波設定周波数 1MHz(固定)
減衰交流波設定時間 0~9sec(1sec刻み)
DCパルス電圧設定/高電圧モード 10~3000V
DCパルス電圧設定/低電圧モード 10~500V
DCパルス幅設定/高電圧モード 1~99μsec(1μsec刻み)
DCパルス幅設定/低電圧モード 0.01~0.99msec(0.01msec刻み)/1~99msec(1msec刻み)
パルス数 1~9
パルスインターバル 1sec(固定)
追加繰り返し出力設定 0~9回
DCパルス出力設定 AUTOまたはMANUAL
Weight 約22 kg
電源 100V, 50/60Hz
Price(JPY) 3,460,000

©2013 KEYSTONE, co. ltd.Privacy Policy

page top